Festina lente

何気ない日記

過去

過去のことは変えられない。

そんなことは、もちろん分かってる。

「半年」の存在を知らされてから後は、知らないふり、気がつかないふりをして、ずっとやり過ごしてきた。

楽しくなかった、という言葉を信じて、なんとか納得しようと努力してきた。

でも、あんな風にハッキリと言われたら、どうしてもその時の様子を想像してしまう。

リアルに映像が目に浮かんで涙が出る。

聞きたくなかった。

結局、楽しかったんやん。

好きじゃなけりゃ、そんなことしないやろ。

そんな考えが、頭から離れない。

しばらく震えが止まらなかった。

気が狂いそうだった。

二度と忘れんやろうなと思う。

どんなことよりも辛かった。

 

殴った方も、触れられたら痛いって言われた。

何も言われなければ、話題に出したりしない。

そもそも思い出したくもない事なんだから。

 

聞きたくもないことを聞かされて。

涙が止まらない。